愛媛松山接骨院 東宮接骨院 tokyu

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.089-916-5560
トップページ > メニュー・料金

鍼灸院日常生活での痛み、慢性的な症状、体質改善など

鍼灸治療とは?

鍼灸治療の定義

鍼灸治療とは「一定の方式に従い鍼をもって、灸であれば艾(もぐさ)を燃焼させ、身体の表面一定部位に接触、穿刺刺入し、灸であれば温熱刺激を与え、それによって起こる効果的な生体反応を利用し、生活の変調を矯正し、保健および疾病の予防または治療に広く応用する施術」であります。簡単に言えば体には刺激を感知するセンサーがあり、それを鍼や灸で意図的に刺激し反射を起こして血流を調整したり、痛みを緩和させたりする治療です

近年鍼灸治療に対する注目度

鍼灸は東洋医学療法の一つで、身体の変化を手で触れながら観察して状態を把握し、鍼や灸を施すことで身体のバランスを整えて機能回復をはかる治療法です。スポーツにおいてはスポーツ障害の治療や障害発生の予防、コンディショニングをキープさせるためにプロ選手や一般スポーツ愛好家たちに広く用いられています 近年、世界各国の医療関係者やWHO(世界保健機関)などが鍼灸に注目しメカニズムの研究も進められ、科学的根拠のある治療法として注目されています

こんなに細い鍼灸の鍼

サンプルイメージ
サンプルイメージ
サンプルイメージ

鍼灸の鍼は髪の毛と同等、注射針よりはるかに細い 鍼を「管鍼法」という外側の筒の中に細い鍼を入れ、ほとんど痛みを与えず刺入する方法を用います

熱すぎないお灸

「お灸を据える」と言えば何だか嫌なイメージがありますが、近年のお灸は「熱すぎず気持ちのいいお灸」で十分に生体に対し刺激を与えることができます。

血行が良くなり免疫力アップ

体に温熱刺激を与えることで、皮膚の下にある筋肉や血管、リンパ節が刺激されます。すると細胞が活性化され免疫作用がアップするほか、リンパの流れが改善されますからむくみの解消にもつながります。さらに温熱効果によって血管が収縮、拡張し局所の充血や貧血を調整し、炎症を和らげる効果もあります

こんなに細い鍼灸の鍼

サンプルイメージ
サンプルイメージ

当院で使用頻度が高いお灸には台座灸があり、シール付きの台座 を使ったお灸です。手軽に使えて便利で安全性も高く、熱の強さ も選べるので、ご自身で自宅での施灸をすすめる場合もあります。 ※特別な場合を除き直接皮膚に艾(もぐさ)を燃やすことはありません。 次に箱灸。箱の中に艾(艾)を入れ燃焼させ温熱刺激を与えます。 こちらも皮膚に直接艾が接触しているわけではないので、熱すぎず 心地の良い暖かさとなります。腹部や腰部を温熱刺激するため婦人 科疾患(更年期障害、生理痛、月経不順、冷え性など)にとても 有効です

鍼灸の適応症

一般に、鍼灸治療は肩こり,腰痛、神経痛、関節炎ぐらいにしか効果が無いように思われがちですが、多くのつらい症状や病気に効果があります

最近、NIH(米国 国立衛生研究所)の見解として鍼灸療法の各種の病気に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療として効果について有効であると発表しました。 鍼灸療法で有効性がある病気には、次のものがあります。

 【神経系疾患】 ◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

【運動器系疾患】 関節炎・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・腱鞘炎・◎腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

【循環器系疾患】 心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

【呼吸器系疾患】 気管支炎・喘息・風邪および予防

【消化器系疾患】 胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

【代謝内分秘系疾患】 バセドウ病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

【生殖、泌尿器系疾患】 膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

【婦人科系疾患】 更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・不妊

【耳鼻咽喉科系疾患】 中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

【眼科系疾患】 眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

【小児科疾患】 小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

東宮鍼灸院での鍼灸治療を受診するにあたって

近年スポーツ選手やスポーツ愛好家での鍼灸受療率は年々増加しており、今ではスポーツ選手の約25~30%の人が鍼灸の受診経験を持っています。その要因は治療院の増加、鍼灸師の増加、ケガの治りが早い、コンディショニング調整ができるなど様々です。今ではWHO(世界保健機構)にも科学的根拠のある治療として認められ注目度をさらに高めています

ではどのような時に治療を受ければ良いのか

①ケガをしてしまった時

捻挫や靭帯損傷あるいは肉離れなどのスポーツ外傷では、早期復帰を目的とした時に鍼灸治療を用いる事が多いです。テニス肘や野球肩などのスポーツ障害では過度使用による慢性の障害に対しても、疼痛の緩和を目的に鍼灸治療を行っております。その他ぎっくり腰や膝の障害での受診率も高いです

 

 ②コンディション調整

疲労や筋痛の早期復帰やスポーツ外傷、スポーツ障害を予防する面からも鍼灸治療は利用できます

 

 ③高齢社会

健康に楽しく生活することや老化のスピードを遅延するため軽い運動やスポーツが重要となっていますが、中高齢者に人気の高いゴルフや登山、ウォーキングなどでの筋痛や膝関節痛、腰痛を訴える人が少なくありません。そのような時もセルフケアの指導を含めて鍼灸治療を行っています

いつ受診すればよいのか

何を目的に治療するのかによって異なりますが、例えばケガの場合だと受傷直後が良いです。ケガは早期に治療、固定することによって治癒する時間や予後が変わってきます。コンディションを維持する目的では週に2~3回が目安ですがこれも体の状況によって変わりますので当院へお問合せください

どのような人が利用しているのか

老若男女問わず様々な方にご来院いただいておりますが、特に学生のスポーツ選手と社会人スポーツ愛好家が多いです その他鍼灸治療を受けるにあたっての不安や疑問点がある場合にはお気軽に当院までご相談ください

Copyright(C) 東宮接骨院 All Rights Reserved.